--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/12/25 (Wed) 19:46
レッツゴー!静岡県 初音ミク



作詞・作曲:たいらおさむ
歌:初音ミク

≪歌詞≫
「ねえ、今度の週末どこ行くの?」
そんなの静岡一択じゃん!
東京からなら特急で伊東高原、下田港
河津桜に石廊崎、松崎海岸、バナナワニって!?
土肥金山に堂ヶ島、湯ヶ島、修善寺、文豪気分!
韮山反射炉でっかいぞ!熱海はリゾートいいところ
箱根の入り口函南に、綺麗な水源柿田川
スピードウェイは小山町、鮎壺の滝、御殿場高原
サファリパークに浅間大社、三島大社に大瀬崎!

素敵なとこだよ
通過しないで…静岡!

遊びにおいでよ!僕が大好きな街
君にも好きになってほしい
都会じゃないけど、僕が生まれた街
いつでも暖かな場所だから

ねえ、海外旅行もいいけれど、静岡意外と来やすいら?
大阪からなら新幹線、浜名湖、茶畑、富士の山
新居の関所を過ぎたなら、楽器にバイク、うなぎパイ!
黒田家屋敷に掛川城、小山城もきれいだよ
秋葉、小国神社を巡り、一面茶畑牧之原
サッカー大好き藤枝に、おいしい焼津の鰹節
モクモクSL寸又峡、蓬莱橋に御前崎
エコパでサッカーダービー見たなら
最後は駿府でお茶にしよう

休みになったら
日本の真ん中、静岡!

遊びにおいでよ!僕が大好きな街
君にも気に入ってもらえるかな
有名じゃないけど、僕が生まれた街
いつでも君を待っているから
スポンサーサイト

テーマ : ボーカロイド - ジャンル : 音楽

2013/12/24 (Tue) 08:36
おかえり、アンタレス 初音ミク



作詞・作曲:たいらおさむ
歌:初音ミク

≪歌詞≫
オリオンが東から昇って
夜空が少し暗くなった
ひとりじゃさ、ほら少し寂しいから
一緒に見ようよ

季節は少しずつ変わるね
凍えて風邪をひかないようにマフラーをして
見上げてごらんよ星がきれいだよ

寂しい夜は見上げてよ
満点の星がきらめいて
流星が流れて
オリオンは笑った
ひとりぼっちなんかじゃないよ

近くたって遠くたって
ホントのことはたぶん見えない
小さな光、それでもきっと、
僕たちは繋がっている


さそりが東から昇って
どこまでも繋がっている空

テーマ : ボーカロイド - ジャンル : 音楽

2013/12/22 (Sun) 16:38
ハロン 初音ミク



作詞・作曲:たいらおさむ
歌:初音ミク

話してみたい相手ほど、もう会えなかったりする。

≪歌詞≫
窓際のあの子はいつもひとりで
休み時間も退屈そうに頬杖ついて

何でもないありふれたよくある景色
なぜだか昨晩夢に見た

もしも
いつの日かどこかでさまた会えたなら
君が見ていた世界を教えて欲しいな
僕達はいつだって足元を気にして
いくつもの出会いを通り過ぎる

僕達はいつだって前に進んでいく
ドアを開けたら

僕達はいつだって毎日が精一杯で
いくつものきっかけを見逃しているよ
そのすべてを拾うことはたぶんできないけど
欠片でもいいからさ触れてみたいよ

テーマ : ボーカロイド - ジャンル : 音楽

2013/12/19 (Thu) 11:36
夏蝉 初音ミク



作詞・作曲:たいらおさむ
歌:初音ミク

≪歌詞≫
遠い蝉時雨 季節は続いてく
細い路地裏を 夏風が抜ける

言えないままで 夏が始まった
青色の空をなぞる

今、僕の恋に アクセルをかける
僕の想いを聞いて欲しい
君の笑顔が 時を止める
そして 今日も言えないまま

何も変わらない 夏が続いてく
何も変われない 僕がここにいる

今、僕の恋が 夏を駆ける
笑わないで聞いて欲しい

夏の空にそっと微笑う
向日葵のような君を見てた
君の笑顔で 世界が揺れる
叶わなくても構わないから
今度こそは言えますように

テーマ : ボーカロイド - ジャンル : 音楽

2013/12/17 (Tue) 07:47
西京恋唄 初音ミク



作詞・作曲:たいらおさむ
歌:初音ミク

≪歌詞≫
夕暮れのかえり道
ひとりきり歩いていく

小春日の椹野川(ふしのがわ)
今もまだ覚えている

僕らの日々は離れていても
変わらず今日も続いていく

僕らの恋がやがて消えても
きっと誰かと恋をする

夕暮れのかえり道
ひとりきり歩いていく

テーマ : ボーカロイド - ジャンル : 音楽

2013/12/16 (Mon) 09:49
19893969 初音ミク



作詞・作曲:たいらおさむ
歌:初音ミク
イチキューハチキューミクロック

≪歌詞≫
「貴方の望みを叶えます
大きな夢がありますか?
あるなら兎に角目指しましょう!
ただ、明日の保証はございません」

あぁ、寝坊した!
駆け足でいつもの満員電車
あぁ、何だっけ?
「輝いた未来が待っている」

待っていた週末さえも
「あれ?もう昼なの?」
ねぇ、この先に何があるの?

何もないというなら 何もないと言ってよ
何もないというのは 周りの事でしょ?
何もないというなら 何も意味がないじゃない
何もないというのは 私のことなの?
答えてよ

あぁ、疲れたな
間に合った週末最終電車
あぁ、何だっけ?
色褪せた明日が待っている

待っていたボーナスさえも
「あれ?まだあるでしょ?」
ねぇ、この先に何があるの?

何もないというなら 何もなくていいから
何もなくていいとは 思ってないけど
何もないというなら 何も望めないじゃない
何もないというのは 未来のことなの?
教えてよ

待っていた大人時代
「あれ?こんなんなの?」
ねぇ、この先に何があるの?

何もないというなら 何もないと言ってよ
何もないといっても 何かがあるでしょ?
何もないというけど 私はここにいるじゃない
何もないというのは 自分のことなの?
教えてよ

今すぐに

テーマ : ボーカロイド - ジャンル : 音楽

2013/12/14 (Sat) 18:07
It's a irreversible world 初音ミク



作詞・作曲:たいらおさむ
歌:初音ミク

≪歌詞≫
窓際の茜色
君と指切りしたあの約束さえも
忘れてしまっていた
僕は大人になってしまったのかな

同じような春の色
君が好きだった桜並木を抜ける
僕らは笑ってた
ずっと子供のままでいたかったけど

Everyday 僕はここにいるよ
同じ空の下にいるよ
いつか大人になってしまっても
僕は君の味方だから

Everywhere 君がどこにいても
同じ空の下にいるよ
いつか齢をとってしまっても
君と笑って話せるように

Everyday...
Everywhere...

テーマ : ボーカロイド - ジャンル : 音楽

| ホーム |

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。