--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/05/27 (Tue) 23:42
アルビレオ観測所 初音ミク



≪歌詞≫
夏の夜に星が宙を満たしてく
天の川がうっすらと流れだす
君と僕は廃線の線路に座って
星と星を結び空に星座を描く

夏の夜は短い夢の中のよう
竪琴が優しいメロディ奏でる
白鳥は翼を広げ夢を見る
何百光年離れていたって

星の海へ
迷わぬように手を繋いで
一夜限りの夢でもいい
夜行列車で地平線の向こう側へ
君とふたりで飛んでいこう
・・・なんてね。

夜の闇に迷子になってしまっても
寄り添って進めばいい
見上げれば星はいつでもそこに
銀河鉄道の軌条をなぞって

星の海へ
迷わぬように手を繋いで
一夜限りの夢でもいい
夜行列車で地平線の向こう側へ
君がいるなら怖くはないからさ

君がもしも
挫けそうな時には
星を見上げて呼んでほしい
夜行列車でいくつも星座を飛び越えて
君の傍へいつでも飛んでいくよ

夏の夜は短い夢の中のよう
君と僕は双子星(アルビレオ)
寄り添ったまま
スポンサーサイト

テーマ : VOCALOID - ジャンル : 音楽

2014/05/23 (Fri) 16:44
秋葉原電脳街 初音ミク



歌:初音ミク
作詞・作曲:たいらおさむP

≪歌詞≫
津田沼行総武線、御茶ノ水過ぎて
車内アナウンス「次は秋葉原」
忘れものはしないように気を付けて
失くしたら二度と戻らないから

緑の山手線、誰がために回る
回り続けたらゴールがあるの?
「乗り過ごしてもまた次があるさ」って
そんな風に恋は割り切れないの

あぁ、街は今日も変わる
私ひとりだけを置いて

ねぇ、この街でひとりぼっちじゃ
少し涙溢れそう
ねぇ、この街にあふれるデータじゃ
満たされないみたい

中央通り交差点、旅の外国人、
客引きのメイドさん、スーツのサラリーマン
誰かがやってきて誰かがいなくなる
変わっていくことも厭わないのね

あぁ、街は今日も変わる
私を置いていかないでよ

ねぇ、この街でひとりぼっちじゃ
少し涙零れそう
ねぇ、雑踏に埋もれてみても
埋められないのよ
あぁ、秋葉原
振り返らない街
失うこと恐れずに
ねぇ、この街にあふれる人から
私を見つけてよ

テーマ : ボーカロイド - ジャンル : 音楽

2014/05/21 (Wed) 23:40
青空 初音ミク



歌:初音ミク
作詞・作曲:たいらおさむP

≪歌詞≫
小さな頃は学校の帰り道
野球をしたり、駄菓子屋行ったり
くだらない事で笑い転げてた
僕らの日々は変わらない

夕暮れ、鐘の音
手を振り「またあしたね」
いつだって味方でいてくれた

青空は遠い街の
君にも見えるかな
遠くにいても変わらず元気でいてね

大きくなっても大人になれない
僕は部屋でギターを弾いてる
君は前へ進んでいく
僕らの日々は変わってく

青い春、終わっても
僕らは友達だろう?
いつだって味方でいたいんだ

青空は遠い日々の
僕らに見えるかな
遠くにいても変わらず元気でいて

いつの日も君と君の
大切な人たちが
青空のような笑顔で笑えるように

テーマ : ボーカロイド - ジャンル : 音楽

2014/05/16 (Fri) 10:57
花火のあとで 初音ミク



歌:初音ミク
作詞・作曲:たいらおさむP

≪歌詞≫
夏風、あぜ道
ひまわり背くらべ
開いた窓から
誰かの声がする

夏空、路地裏
蜃気楼が揺れる
「海まで行こうか」
君と手を繋いで

果てしない空は
どこまでも遠く
「ずっと一緒にいよう」
君と約束した
守れなかった言葉

夏が来て
僕はいまでも
ここにいるよ

真夏の夕暮れ
花火の帰り道
大事な思い出
幼い恋心

僕たちはいつも
何かをなくして
未来に進む
思い出せば切ないことも
大切にしまってある

夏が来て
君を想って
唄うから

「いつだって君が笑っていられますように」

テーマ : ボーカロイド - ジャンル : 音楽

| ホーム |

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。