--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/09/18 (Thu) 17:39
伊豆が見える 初音ミク



歌:初音ミク
作詞・作曲:たいらおさむP

≪歌詞≫
不安定なままの僕らを急き立てるように海風が頬を撫でる
季節変わり言葉少なな君を連れ出した春色に染まる海辺
遥か青の向こう側に伊豆が見える

未完成なままのいつかの白い未来地図 "僕の隣にいる君"
そんな青い幻想さえ消えずにさ

君は涙よりきっと笑顔の方が似合うよ
君を涙にしたやつが言うことじゃないんだけれど

知らんぷりで進む世界に置いてかれぬように忘れたふりをしていた
季節変わり言葉少なな地下鉄に乗って僕は夢に落ちる
今も瞼閉じればほらすぐそこに

多分昨日よりきっと明日の方が良い日だ
涙のあとに虹が出て悲しみも癒えるのなら
君の行く道がどうか幸多きことを願うよ
君を涙にしたやつが言うことじゃないんだけれど

不安定なままの僕らを急き立てるように世界は今日も回る
遥か青い春の中で君が笑う
「伊豆が見える」
スポンサーサイト

テーマ : VOCALOID - ジャンル : 音楽

2014/09/12 (Fri) 12:11
胡蝶の夢 初音ミク



歌:初音ミク
作詞・作曲:たいらおさむP

≪歌詞≫
淡い光差す檻の中で
王子様を待っている
冷たいダイヤやサファイアより
確かな温もりがほしい
孤独はもういらない

野辺に咲く花のように
ただひとりで優雅に咲く
夢のあと 春の夜
貴方のその手でそっと撫でてほしい

淡い光差す檻の中で
王子様を待っている
暗がりの隙間見える空より
青い空を見てみたい
虹の橋の向こうへ

舞い遊ぶ蝶のように
ただひとりで優雅に舞う
夢のあと 春の夜
優しい声で私を連れ出して

野辺に咲く花のように
ただひとりで優雅に咲く
星が呼ぶ 春の夜
夢でもいい 今だけは傍にいて

舞い遊ぶ蝶のように
ただひとりで優雅に舞う
覚めないで 覚めないで
貴方の傍 幸せでいられたのに

2014/09/12 (Fri) 08:00
東京 初音ミク



歌:初音ミク
作詞・作曲:たいらおさむP

≪歌詞≫
誰かの憧れとか
夢や希望が溢れる東京

誰かの零す涙や
誰かの悲しみさえも
そっと包む僕らの街

東京、知らない人の群れに埋もれても
いつだってただひとりを待ってる

東京、君がいない僕らの街

憧憬や僕らの夢になど興味もなく
この街はどこか遠くを見ている
東京、知らない人の群れに埋もれても
いつだって君のことを待ってる

東京

テーマ : VOCALOID - ジャンル : 音楽

2014/09/10 (Wed) 13:22
ナツノケモノ 初音ミク



歌:初音ミク
作詞・作曲:たいらおさむP

≪歌詞≫
空を見上げれば夏色は遠く
雲の線は優しくなった
伸びる飛行機雲

雨が過ぎるたび秋が近づいて
服の袖も長くなった
秋がドアを叩く

いつの間にか夏は終わる
寂しさだけ部屋において
これじゃまるで恋のようだなぁ

ナツノケモノは何も言わずに過ぎ去ってく

フォーマルハウトが夜空に輝く
9号線を走り抜けて
君がいない宙へ

いつの間にか夏は終わる
思い出だけ胸に抱いて
僕は夏に恋をしていた

ナツノケモノは何も言わずに
ナツノケモノは何も言わずに過ぎ去ってく

テーマ : VOCALOID - ジャンル : 音楽

2014/09/09 (Tue) 09:27
平成世代 初音ミク



歌:初音ミク
作詞・作曲:たいらおさむP

≪歌詞≫
本音さえ口にすることをしないで
大切なものは画面の向こう側にあるの?
言葉では好きだとか呟いても
本当に心まで繋がってるの?

たとえ昨日までを懐かしんだとしても
今この時が私たちの時代
朝も昼も真夜中も世界は回り続ける
いつか夢も希望も憧れも変わり消えていくみたい

月さえも欠けている星の夜に
両手伸ばして温もりを探している
君が時代に迷ってしまったときは
私の腕で抱きしめてあげる

たとえ進む道が暗闇だとしても
行くその先が私たちの未来
今日も明日も明後日も時計は回り続ける
だからケセラセラと笑ってよ
確かに生きている今
朝も昼も真夜中も世界は回り続ける
どうか夢や希望や憧れで前に進めますように

テーマ : VOCALOID - ジャンル : 音楽

| ホーム |

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。