--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/08/31 (Sun) 20:04
京急電車に乗って 初音ミク



歌:初音ミク
作詞・作曲:たいらおさむP

≪歌詞≫
部屋の窓に映る夜の街
私はひとり星を眺める
赤い電車は夜を駆けてく

季節ごとに色づく街路樹
枝先まで白い雪化粧
冷たい風が路地を吹き抜ける
この街は何も変わらずに
ゆっくりと季節は過ぎてゆく
暖かな春を待っている

きっと君と私の日々は思うより早い
「もういいかい?」「まだだよ」
隠れた言葉が消える消える
疲れて眠る夜は夢のない夢ばかりが浮かんでくるよ
夢でさえ君に会えない

雨の日には君を思い出す
お気に入りの藍色の傘と
振り返った優しげな笑顔
晴れた日には気分がいいから
少しだけ遠回りしてみる
口ずさむ君の好きな歌

きっと君と私の距離は思うより遠い
「もういいかい?」「まだだよ」
浮かんだ言葉が消える消える
少しずつ離れてく心を
仕方ないと諦めたくない
駆けてくよ君の隣に

私の街から
君の街まで

きっと言葉はいつも胸の奥で待ってる
「もういいかい?」「もういいかい?」
弱気な私を呼んで呼んで

きっと大事なことは言葉にすれば短い
「もういいかい?」 「もういいよ」
京急電車に乗って
最後には笑えないオチより
ご都合主義で構わないから
最高のハッピーエンドを
スポンサーサイト

テーマ : VOCALOID - ジャンル : 音楽

<< 平成世代 初音ミク | ホーム | 東京見聞録 初音ミク >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。