--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/02/02 (Wed) 17:58
京都は恋の街。

京都は恋の街だと思う。
恋愛ストーリーがこれほど似合う街もないだろう。
という主観は置いておいて。

P1030358.jpg

京都駅はなんだか、クモの巣のような天蓋。
大階段といい、きっとデザインに長けた人の力作だろう。
これは写真に収めねば、と思って撮ってみた写真。

P1030360.jpg

京都タワー。
12月の時のようにカップルは少なかったけれど、(それとも昼間だから?)やっぱり、人は大勢いた。
いつ見ても綺麗だと思う。
素敵な造形。

街に、人に、歴史に、文化に。
やっぱり、京都は恋の街だと思う。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 写真

2011/02/02 (Wed) 17:40
中山競馬場と、東京サンセット。

人ごみを味わいたいなら、競馬場が一番だ。

P1030353.jpg

新年早々たくさんの人が夢を買う。
僕もつられて買ってしまった。
けれど小心者には1000円が限界。

P1030356.jpg

帰りの、京葉線の窓から見かけた、湾岸地域の夕暮れは、気味が悪いほど綺麗だった。
写真ではうまく伝わらないけれど。

右上に写り込んでいるのがヘリコプターじゃなくてUFOなら面白いのに。

テーマ : 東京写真 - ジャンル : 写真

2011/02/02 (Wed) 17:37
山口プラットホーム

山口駅の古ぼけたプラットホーム。
ここで待つ夕暮れは、ずいぶん寂しい。
鉄道オタクではないけれど、続いてくレール、移り変わる車窓の風景、その魅力はなんとなくわかる。

P1030349.jpg

友達といても、ひとりぼっちでも、ここで待つ夕暮れは、ずいぶん寂しい。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

2011/02/02 (Wed) 04:09
ビルはほど遠い街

「旅行へ行ってきました」
そう言われて思い浮かぶのは?
沖縄の青い海、群馬の温泉、長野のスキー場、北海道の雪原・・・。
どれもこれも魅力的な観光地たち・・・。

でも残念ながら僕が行ってきたのは東京。

19をご存じでしょうか。
1998年に「あの青をこえて」でデビュー。「あの紙ヒコーキ くもり空わって」、「すべてへ」、「水・陸・そら、無限大」などのヒット曲を生み出し、2002年3月、シングル「蒲公英 -たんぽぽ-」を出して突然の解散。

そのファーストアルバム「音楽」に「ビルはほど遠い街」という曲があります。
ひどく生活感に溢れ、ひどく単調な曲。
そして、当時小学3年の僕がガッチリ掴まれてしまった一曲。

舞台はケイゴが住んでいた、東京練馬の上石神井と言われています。
昨夏、僕は東京へ遊びに行ったついでに、上石神井まで行ってきました。
西武新宿線で、一人旅。

P1030329.jpg

一年前は落ち着かなかった イビキも高々ぼくは毎日ぐっすり
よくねむりつづける ビルはほど遠い街

P1030330.jpg

いつも変われない ボクがここにいた
空がよく見える夏の ある日だった
ビルはほどよく遠くに そびえたち ボクはベッドに眠ろう


上石神井は本当にビルがほどよく遠くにそびえ立つ街でした。
「ビルはほど遠い街」はいまだに僕のベストソングです。


テーマ : 一人旅 - ジャンル : 旅行

| ホーム |

前のページ «  ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。